2013-02-15

美富士食堂(滋賀県大津市膳所本町) 食べログは店の欠点を隠蔽する

キャプチャ
 私が卒業した膳所高校のそばに美富士食堂があります。昭和34年から店を構えています。
 上の画像をクリックしてもらうと、「滋賀ガイド」による美富士食堂紹介記事にジャンプします。

 この店、テレビ番組で取り上げられた回数が、なんと86回だといいます。それくらいですから、なんとなくご承知の方もおられることでしょう。

 その美富士食堂に、卒業以来43年ぶりで足を運びました。元祖メガ盛りといったふれこみでテレビでも大人気、食べログでも大人気のこの店ですが、代替わりしてからというもの、途方もなく横柄な店主が居座ってしまいました。実際に店に入るまで、そんなこと、私は知りませんでした。

 あんな店主でみんな平気なのかなと、食べログ63件の口コミに目を通しましても、気分を害されたと伝える記載はまったく見当たりません。
 そこで、私は、店を露骨に批判する口コミを投稿しました。
 みごと、翌日には削除されてしまいました。




 もったいないから、削除された口コミをここに掲載します。




態度のデカさが超大盛り 変わり果てたもんだ


 美富士食堂、あの店主の横柄さを伝えずして真の姿が伝わるとは思えません。


 こんにちわと入店していきました。2013年2月13日、午後2時前のことです。
 店主は無言。「いらっしゃいませ」もありません。客へのひとことめは、「そこへ座って」です。

 座るべきテーブルを店から指示されるのに加えて、「そこへ座って」ですよ。私は店主より目下じゃない。

 こんちくしょうと思いながら、思いながら、思いながら、思いながらこらえている私に対して、次なる言葉は「何にしますか?」。
 それもにこやかな口調なら少しは和みます。憎たらしいなら憎たらしいでかまへんでといった口調です。


 ラーメン。


 私の言葉もそれだけ。こっちだって、無用の気遣いを捨てないことには忍耐できませんから。
 店主が、ぶすっとしたまま調理場へ消えます。


 私が嫌われたとかそんなことではなさそうです。別の客も同じように扱われていました。
 愛想がわるいというよりも態度がわるい。
 客がたまたま暴力団組員だったりしたら腕の一本もへし折られてしまいそうです。

 すぐそばの膳所高校出身である私は、43年ぶりの美富士食堂でした。郷里へ戻ったのを機に、立ち寄ってみたのです。
 当時の美富士食堂は、もちろんこんなではありませんでした。
 おっちゃんとおばちゃんが、朝から晩まで働きづくめ。腹ペコ盛りの若僧たちを腹十分目以上に満たしてくれました。


 長く待たされてラーメンが運ばれてきました。運んできた店主に話しかけました。話しかける私にはおかまいなく店主はさっさと去っていきます。


 卒業生やけど43年ぶりにこの店来てみてん。記念に写真撮らせてな。


 私の言葉を背中で受けた店主は、振り向くこともなく「はい」と言い残して調理場へ向かうところでした。


 去り行く背中に向かって、私はもうひとことを浴びせました。


 愛想、わるいなあ。


 その途端に激怒したのは店主のほうです。


 なんやて、愛想がわるいやて。どこがわるい。おまえがえらそうに言うさかいやないか。


 この店主、私のどこがどんな風にえらそうだというのでしょうか。


 えらそうになんか言うてへんやないか。どこがどうえらそうやと言うねん。


 喧嘩を売りにきたのかとも言われ、罵倒の応酬。
 そのうち店主は私のラーメンを勝手に取り上げてしまって「帰れ!」とまで口走りました。


 店を出ようとする私をさらに店主は追いかけてきて、さっき撮影していた店の外観写真を消しておけと告げます。


 アホか、誰が消すか。美富士のオヤジは最低やとインターネットに書きまくったるわ。


 そしたら、店主から予測もつかない言葉が飛び出しました。


 そんなこと、とっくにぎょうさんの人が書いとるわい。


 つまり、幾多の客の気分を害してきたことを店主自身が分かっているのです。


 おまえは何代目か知らんけど、美富士をめちゃくちゃしょうもない店に変えてしもうたな。ええおっちゃんとおばちゃんがきばってはった。あの美富士とは大違いや。


 店内には、ところ狭しと、テレビ番組取材記念の色紙が飾ってありました。
 本当ならその壁面にメニューでも貼ってあるほうが、客は食べるものを決めやすい。
 品名といえば、薄汚れた紙が奥のほうにぶら下がっているだけです。
 テレビ局に来てもらったことを自慢したくてたまらない。その気持ちにかまけて客の利便を忘れた。
 芸能人とともに写真におさまる店主は満面の笑みではないですか。
 この店主は、テレビ局からチヤホヤされていればご満悦なのです。その笑みは、現実に金を支払っていく目の前の客には決して向けられません。
 不潔で陰湿な店内。そのほうがテレビにかまってもらいやすいからでしょうが、そんな理由で客の居心地を損ねていいのでしょうか。


 とても歪んでしまった美富士食堂。
 マスコミの力に依存した集客力です。いずれ思い知ることでしょう。






 ここまで露骨に店を非難した記載を快く思わない人もいたでしょう。逆に、よくぞ言ったの支持を4人の読者からもらいました。
 翌日、食べログからメール。削除に値する理由が列挙されていました。


ご投稿いただきました口コミですが、口コミガイドラインの、
「3.内容の確認が困難かつお店へ悪影響を及ぼす事象についての投稿はご遠慮ください。」
「5.個人への誹謗中傷、店舗への断定的批判は禁止します。」
「6.お店への個人的なクレーム、及びトラブル、支払いに関する内容はご遠慮ください。」
に該当しておりましたので、大変申し訳ございませんが、
下書き状態へ戻させていただきました。
食べログは、お食事をした際の主観的な感想・意見を
共有する口コミサイトです。
そのため、事実関係の確認が困難かつ、お店へ悪影響を及ぼす
事象の投稿はご遠慮いただいております。
また、特定の店員や個人に対する批判は、個人への誹謗中傷に該当する
可能性がございますので、ご注意ください。
誹謗中傷の意図は無かったとしても、誤解を招く恐れのある
表現は、ご遠慮いただいております。
なお、お店に対する個人的なクレームやお店で起きた
トラブルの口コミにつきましても、ご遠慮いただいております。
食べログでは、ユーザーがお店を選ぶ際の参考になる・
信頼できる口コミサイトを維持することを目的とし、
口コミにガイドラインを設けております。
ご協力のほど、よろしくお願い致します。





 このオヤジさん、冒頭の「滋賀ガイド」の記事には、写真ばかりか真野憲男という氏名まで載ってます。
 先代が真野丈夫さん美智子さんご夫妻ですから、オヤジさんはその子供だろうと思います。

 Yahoo!知恵袋には、店主の態度が悪くて店が不衛生という評判は本当か?、非難の声が多数だけど、という質問が寄せられていました。
 ベストアンサーに選ばれた回答が、次のように答えています。



5年くらい前は、地元の人たち(工事のおじさんとか家族連れとか高校生とか)でにぎわってわいわいした雰囲気でした。
テレビで紹介されていたのもこのころです。

味は正直普通でしたが、
老夫婦がすごく優しくしてくださって、
そういう温かみの中で常連さんたちの集う、
古き良き雰囲気の店でした。

さて、去年6月。
久しぶりに店に行ってみたところ、
当時の老夫婦はまだ店にいました。

友人8人で店に入り、
みんな同じ高校のOBだったので、
昔の感覚で3品注文。
(↑これでも当時の感覚だと多すぎる量です)

と、店の奥からどなり声が。
「なめてんのか!お前ら普通の店だったら1人1品注文するやろ!
出ていけ!馬鹿にするな!」

おばあちゃんがなんとかとりなしてくれようとしたのですが
息子さんの怒りはおさまらず、
結局追い出されてしまいました。





 こんなオヤジさんが現にいる店です。
 飲食店経営の方がこれを読んでいたら、むしろ美富士食堂のオヤジさんがうらやましくて、自分もそれくらい横柄にやってみたいと願うかもしれません。

 ともあれ、店にはこれだけ大きな欠点があるのに、それを意図的に隠す食べログは、いったい誰のためにあるのかです。
 店に悪影響を及ぼす口コミはダメだなんて言うけれど、悪影響を及ぼしているのは店主です。悪影響を与える口コミの原因を店主が生み出しているのです。そこがきちんと伝わらないようでは店の適切な評価になりません。 

47 件のコメント:

  1. 参考になりました。

    返信削除
  2. yahooの方は公正な評価が残っていると思うのですが、(私も5年ほど前に書き込みましたし、ブログ主さんの体験された通りの出来事が
    ほぼそのまま、ほとんどの方が体験されてます)食べログは本当に酷いですね

    返信削除
  3. 匿名さん

     コメントありがとうございました。

     食べログの情報コントロール。
     その方針下では、行ったら損をする店が分かりませんね。
     どんな店にも好評と悪評があると思います。
     よく思わせる話ばかり掲載していたのでは、店情報の供給サイトとして、存在価値がありませんよね。

     美富士食堂は、膳所高校卒業生にとっては、本当にいい思い出です。
     この前、同窓生で集まったとき、東大進学を目指してガリ勉に明け暮れたT君から、腹ばかり空かしていた陸上部のM君に至るまで、みんな美富士食堂をなつかしんでいました。
     あの店の、おっちゃん、おばちゃんのことを、わるく言う奴なんて、ひとりもいません。

     みんなに、「今、どんな風になったか知らんやろ。まあいっぺん、自分で行って来い」と伝えました。

    返信削除
    返信
    1. 返信有難うございます。今yahooの方を見てきましたが、昔のグルメが消えて食べログに統一されて、私のコメントも消えていました。
      嫌がらせや悪戯で悪評価を付けるバカタレが増えて今の状態になったのかもしれませんが、
      建前だけの無難な評価ばかりが並ぶだけになっているので全く当てになりませんね。
      金でサクラみたいな(と言うかそのもの)マンセーコメントを書かせるのが問題になってたし…

      削除
  4. 極端な話、サクラの高評価、商売敵の悪口雑言も、見分けつきませんからね。

    ちょっと話は違いますが、忘年会や歓送迎会の幹事を任された若い社員が、食べログなどから店を選んでいたことがありました。

    そら、あかん。あんなもん、信じたらあかん。しょうもない店やったときに、おまえが自分の評価を落とすぞ。
    その若い社員に、そう言った覚えがあります。

    ネットで何でも間に合う時代だからこそ、本当の口コミ、発言者の顔が見える口コミの値打ちはますます高くなってますよね。

    返信削除
  5. 美富士から徒歩1分の所にすんでいます。昔はおじーちゃんおばーちゃんが好きでよく行ってました。ですが、代が変わってから客足もかなり減ったと聞いています。ちなみに、今の店主は俺の同級生の父親です。毎日のように店の前を通りますが、無愛想な顔で店の前に仁王立ちしてます。味がどうとかではなく、人間性に問題があります。だから、地元人はだれもいきませんよ。

    返信削除
  6. コメントありがとうございます。ご近所さんからの話まで出てきましたか。

    いまの美富士の姿。あのおじちゃん、おばちゃんは、何のためにあんなに働いていたのか、むなしいかぎりです。
    代替わりして、無愛想な店主になって、小さな食堂が流行らなくなった。
    それだけのことなんです。
    でも、それだけで済ますことのできない人が多いのは、やっぱり、それだけ昔の美富士への愛着が強いからでしょうねえ。
    そんな客を生み出すほどに、あのおじちゃん、おばちゃんは、店を一生懸命にやってたんですよね。

    返信削除
  7. 大阪の者です。たまたまyoutubeでデカ盛のやつを見て休みに行ってみようと思ったのですが。。。あぶなかった!長旅してむかつくとか暴れたくなりますよね笑 勇気ある情報ありがとうございます★

    返信削除
  8. コメントありがとうございます!
    お役に立てて光栄です。

    この前見た「MALAVITA」だったら、美富士のオヤジは、ロバート・デニーロから、半殺しにされてますねえ。

    大阪でしたら、昔の美富士みたいな店が、きっとどこかにありますよね。

    返信削除
  9. 店主は掲載されてる人?
    http://www.gaido.jp/machikado/10hon/03/

    返信削除
  10. そちらのサイトは昔のおじさん、おばさんです。
    http://www.gaido.jp/clickalbum/detail.php?ID=1730&gaido_code=1
    に掲載されている真野憲男というのが、いまの店主です。

    返信削除
  11. わたしも徒歩数分のところで生まれ育ち
    小さい頃から土曜日日曜日と頻繁に家族で食べにいってました。おっちゃんもおばちゃんもやさしい居心地のいい店でした。出前もひとつからでとおじちゃんがバイクで配達してくれてました。あるころからテレビに出始め有名になり、だんだん行くことがなくなりましたが友達が有名だし行きたいといわれるとつれていってましたが、おじちゃんもおばちゃんもおらず無愛想の息子だけ。お客様も閑古鳥であまりいい雰囲気ではなくなってました。寒かったのでストーブつけていいかきいたらひのあたる席に移動させられ結局ストーブはつけてもらえなかったのが印象的にムカつきました(笑)とにかく感じが悪い店になってるし、むかしは店が狭くていっぱいになるからリフォームして広げられましたが今じゃそんな必要ないくらい学生さんが利用してる感じが見られなくなってます(;´д`)残念(>_<)つれていくのが恥ずかしい。

    返信削除
  12. こんにちわ。コメントありがとうございます。

    美富士の変わり方は、劇的ビフォーアフターですね。
    以前の店を知る人たちの何人かに一人は、いまの店主にムカついた経験を持っているようです。

    おっしゃる通り、すごくストーリーのある店でした。
    地元の人や通学生から感謝され愛され続けたのも、あのおじちゃん・おばちゃんあってこそでした。
    テレビはそこをもっと強調して欲しかったなあ。
    名物のすごいボリュームだって、自分たちを応援してくれているのだと、高校時代の私は思っていました。

    テレビの影響力がそういつまでも続くわけではないし、もうあかんやろと思っています。

    返信削除
  13. そうか、あのおじちゃん、おばあちゃん居なくなったのか。
    でかすぎる!とびっくりする顔がみたくてお商売されている感じでした。
    おばあちゃんと同じくらいお年寄りの扇風機
    あの値段であのボリューム。
    久しぶりに行こうと思ったけど、
    友だちと行った思い出を壊したくないから、
    他の店いこっと。

    返信削除
  14. あのおじさん、おばさんが店に出なくなったときに美富士は終わっていたんでしょうね。
    ボリュームのすごさもさながら、おっしゃるように、その裏にある店の心を食べに行ってたんだろうなと、いまになって分かってきます。
    そう思うとめちゃグレートな夫婦ですね。

    返信削除
  15. 食べログは最悪のクズサイトですよ!私も投稿を消されたことがあります!アイツらは自分たちのサイトが不正集客に利用されていることには謝罪の一つもなく、店側から来たクレームの投稿は速攻で削除するクズ人間の集まりですわ。
    美富士食堂も探偵ナイトスクープで松村に取材されてた頃は良かったのになあ…

    返信削除
  16. コメントありがとうございます。

    店の場所や電話番号を見るには便利ですが、自分の経験から、本当にわるい話は出てこないサイトなんでしょうね。

    たぶんですが、掲載店からOKを得ていないのだと思います。
    黙ってやってるから、わるい評価を掲載できないのでしょう。
    わるい評価が出てくるのも覚悟しときますという了承をとっていれば、こんなことにはならないはずです。

    私の推測が当たっていたらの話ですが、運営者の顔を立てるために口コミ投稿者や情報利用者にしわ寄せが生まれるサイトだと思います。

    返信削除
  17. 悲しいけどこれが現実とは(T-T)

    返信削除
  18. おさちゅん2014/05/16 9:54:00

    コメントありがとうございます。おさちゅんです。

    そうですね、現実ですよね。

    考えてみたら、自分だって高校時代からはえらく変わって、だいぶ汚い奴になりました。
    世の中に出ますと、高校の時みたいにはいきません。
    美富士にだけ変わるなとも言えませんしね。

    いつまでも美しいのは本当の富士山だけですね。

    返信削除
  19. 息子最悪ですね。おいちゃんの時が懐かしいです。みんなに真実知ってもらうためにのにいいブログですね。

    返信削除
  20. 商売人失格というより人間的に問題な二代目ですね 客としては許せないと思います。
    ただ客に問題が全く無いとも言えないのではないでしょうか
    >卒業生やけど43年ぶりにこの店来てみてん。記念に写真撮らせてな

    客であっても、尋ねる場合やお願いする場合には 「卒業生ですが43年ぶりにこのお店に寄らせて頂きました。 記念に写真のほう撮らせて頂いてよろしいですか?」 ぐらいのことはなぜ言えないのでしょうか
    愛想が悪いからと言って同じような態度で接するのは大人として少々問題があるように思います。
    学生ならまだ理解もできますが、大の大人が一人一品注文せず席を占領するのは常識がないと思います。
    店員の資質に問題があり、客にも問題ありの一件ではないでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. その場に居て聞いたのでもなく、平易な文に変えてるだけかもしれず、
      あまつさえ土着の地域特性、人間関係、風習、文化や言葉を知らなさそうな人が、
      一個人のブログまで態々パトロールに来て偉そうに説教垂れる必要はあるのでしょうか。
      >写真のほう
      仮に世間に出たことあるならこの言葉遣いにも問題ありの一件ではないでしょうか?
      このエントリーの主旨とコメのやり取り、理解されてますか?

      おさちゅんさん
      ちょうど用事ついでに行こうとしてたところなので、行かずに済んで大いに助かりました。
      腹減らしてんのに胸糞悪なるのは嫌ですもんね。
      食べログはネガティブ内容に過敏で且つ積極的に排除するので、
      過剰な賛辞、凡庸な評価文、そして店側の萎縮だけが残り、
      読めば読むほど貧乏舌と横並びを求める卑屈な人間が蔓延するような錯覚を覚えることがあります。
      美味しくて大好きなお店でさえそう感じます。

      削除
    2. パトロール?
      特定の者だけに記事を示したいのならパスワードを設定されることをおすすめします。
      私のコメントがお気に召さなければスルーすればよろしいかと・・・
      スルーって意味お分かりですよね(笑)

      削除
    3. ガイジ死ね

      削除
  21. 私も昨日行ってきました。店に入ると、店主はそこ座ってとえらそうに言いました。いらっしゃいませの一言もありません。しばらくしてソフトクリームを買いにきた母子がいましたが、ソフトクリームを子どもに渡す際、えらそうにはよ持ってと高圧的でした。私と一緒に居た中学生の息子も、職場体験で他の飲食店に1週間通い接客マナーを学びましたが、これほど常識のない店主は最低だと言っていました。子どもたちからも最低の大人と見ています。

    返信削除
  22. 先代の店主の頃からの美富士食堂のファンです。おいしく安く量も多くこれからも通い続けたいです。しかしながら、今の店主は、愛想悪く、客に対して大変高圧的で、子どもも脅えるくらいです。1人1品とえらそうに言ってきますが、実際量が多いので、子どももいると4人で3品が妥当かと思います。嫌なら帰れと言う所、本当に商売人なのと感じます。あの態度、子供も見ています。決して模範になる言動ではありません。立派な大人がどうしてわからないのでしょうね。

    返信削除
  23. 先代の店主さんはきっと、安くそしてお腹いっぱいにしてあげたいという想いから、今のメニューになったのだと思います。 無論その対象は一個人にむけたもの。 大盛りのメニューをいいことに、バイキングみたいな感覚で行かれることには多少の疑問を抱きます。
    一席一品が基本であるなか、無遠慮に分け合うことを当たり前とするような客が来れば店主の愛想も悪くなって当然だと思います。そんな当たり前のことを立派な大人がどうしてわからないのでしょうね。

    返信削除
  24. みなさん、いっぱいコメント、本当にありがとうございます。
    みなさんのやりとりがおもしろくなってきました。
    それぞれのご意見、それぞれ「なるほどなあ」と思いながら拝読しています。

    いま私が入ってしまうとこじんまりした意見交換になってしまいますから、何も言わずにおきますね。

    返信削除
  25. 再投稿ですが、食べログ自体の運営の仕方には問題があるように私も思います。  本来は「人におすすめするお店」を紹介するはずのサイトなのに、不満のある店に対する意趣返しに利用する人間が多いのも事実。 店側に不都合な記事の削除は、店から食べログに依頼しても削除とはなりません。ここで誤った認識の上書き込まれている方もおられますが、実際は店から直接投稿者に削除依頼しなければ削除とならないのです。話は変わりますが、美富士の二代目に関しては皆さんの言われる通りだと私も思います。 そして食べログ自体もいい加減な組織だと思います。 が、その前に、客だからといって、店員に対してタメ口で話かけたり、一人一注文が本来基本であるはずの飲食業で分け合って当然と勘違いする者など、自分にも原因の一端があることに気づかず、その不満を各掲示板に書き込む。 馬鹿な店員に対する恨みを阿呆な人間がする構図のようなっていますが、まず客側が、正しい認識と正しい行動を取った上での店側の対応の不満を書き込むべきではないでしょうか。

    返信削除
  26. 匿名さん

    コメントありがとうございます。

    食べログの削除ですが、記事の中に書いたとおりです。
    食べログ自身が定めた削除の要件があり、それに抵触したとの説明です。
    投稿者や飲食店の意向にかかわらず、運営サイトが削除しました。

    飲食店から投稿者へ直に削除を要求する場合、投稿者にどう連絡すればいいのか、その連絡先特定が先決となります。
    食べログが投稿者の個人情報を野放図に提供するとは考えられず、飲食店から投稿者への直接コンタクトはかなり困難だと想定されます。

    さて、美富士に限らず、テレビなどメディアを介して有名になる飲食店は少なくありません。
    メディア自身は、オススメの店として紹介するわけですから、行く価値のない店だと結論付けるのでは趣旨に反します。
    したがいまして、その店に実際に足を運んだらどうだったかという個人からのナマの話題は、オススメ情報が流されっぱなしになってしまうメディアの特性を考慮するとき、有意義だと考えています。
    私は店主と口論しました。口論にまで至らない客のほうが多いはずですが、このような事実があったとレポートすることによって、メディアが知らせなかった美富士の実態が伝わったと自己評価しています。

    タメ口の件ですが、どういう口調をタメ口とするのか、なかなか規定しにくい事柄です。
    入店してきた客に対して「そこ座って」と居丈高に告げる店主に言葉を返す場合、どういう話し方がタメ口に当たらないのかをご教示いただければ幸いです。そしてまた、その店主に敬意を払うべき妥当性をご披露いただけませんでしょうか。

    ひとりひと品の件ですが、これにはもう一歩踏み込んだ考察が必要かと思います。

    テレビで美富士を初めて知り、並外れたボリュームの話題性に惹かれて食べに行った場合であれば、ひとりひと品を注文するのが、そのボリュームを目と胃袋で体験するという点で、行動の目的に見合っています。

    しかし、単に食べに行っただけなら、ボリュームの多さは店と客の双方の了解事項ですので、食べ残しを前提としてまでひとりひと品を注文するのはもったいないことです。
    食べ物とお金が無駄になります。

    美富士の先代は、客のこうした節約精神を是認していました。
    お金があっても節約精神の高い客。少しでも節約すれば少しでもお金が助かる客。節約せざるを得ない貧しい客。
    客側の節約の理由は様々ですが、個々の事情に対する柔軟さを有していました。
    先代の柔軟な顧客指向があのボリュームにつながったと私は解釈しています。
    学生の集まる店でしたので、ボリュームによるコスパが商いの成功にもつながりました。

    当代は先代からあのボリュームを引継ぎはしたけれど、そこにこめられた商いのマインドまでは引き継がなかったのだと私は思います。


    返信削除
    返信
    1. メディアがおすすめしているのはボリュームであって接客ではないと思いますが・・・
      独自性が強く、原価率の高い店であるなら店側優位と思うほうがスマートではないでしょうか。 そんな店に対し通常店の接客を求めること自体おかしなことだと思いますが、その中商売人としてあるまじき行為の店主は相手にすべき人間ではないと私は思います。先代の頃とまず時代が違います。昔なら店側も許せた客の行為を現在同じやり方をすれば店は立ち行かなくなります。 おさちゅんさんが仰る、食べ残しを前提・・・ 食べ物とお金が無駄・・・ の件ですが、元々店側も一人の大食い客に満足を与えたいという発想のもとボリュームのある商品としたわけで、少食の者多数を一つの商品で満足してもらいたいというものではないと思います。 そもそもこういう形態の店は、食べに行ってあげるというより、食べに行かせてもらうような感覚があれば、腹立つことも少しは減るのではないかと思います。 昔感覚の人間が、新世代を相手する店の接客を受けた時に多少なりと問題は生じるように思います。

      削除
  27. 匿名さん

     おそらく現在の美富士にも来店の経験をお持ちにならず、頭だけで様々に述べておられるのだと存じます。

     とにかく、何度もコメントをお書きくださいまして、まことにありがとうございました。

    返信削除
  28. おさちゅんさんの想像とは違い(笑) 残念ながら2度伺ったことがございます。 先代、二代目それぞれ一回づつですが、私も二代目の接客に疑問と怒りをおぼえ、それっきり行くことはない現状です。 頭の中でいろいろと私の行動を想像していただいて、まことにありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. その通りです。今の店主の態度に多くの人は憤りを感じています。これだけいろんな所で批判されてますし、段々客離れが進み、そのうち閉店に追い込まれるでしょうね。

      削除
  29. 最低の店主です。商売人としての接客知識を今一度勉強するべきです。わかっていないからあのような事をしてるんでしょうけど。結果はもうすぐ見えます。いよいよ美富士食堂は2代目で幕を閉じる事となるでしょう。

    返信削除
  30. コメントありがとうございます。

    私も美富士はいまの店主限りだろうと思います。
    接客もさながら、後継ぎがいないのではないかと思えるからです。
    あの店主が既婚者ならば、夫婦で店を切り盛りするスタイルを継承したと思います。
    しかし、私自身の経験でも、みなさん方のコメントでも、夫婦でやっているように見えません。
    土地や建物に金を食われない分、そう早々と経営難に至ることはないと思いますが、よくもってあと10年ではないかと読んでいます。

    返信削除
  31. 故人を悪く言うつもりはございませんが、ある意味1代目がやりすぎたんではないでしょうか?
    結局今の評価を考えると先代と2代目で、普通の飲食店の平均になっているのではないでしょうか?先代がやりすぎている事に二代目は疑問を持っていたのではないでしょうか?
    慎んで美富士のおっちゃんのご冥福をお祈りいたします。
    おっちゃんありがとう。

    ただ、私は学生時代に初代から受けた素晴らしいおもてなしを、初代の子供(二代目)に返すべきではないかと考えてしまいます。
    そうすることによって、必ず二代目も目を覚まし、お客様から受けた恩を今の学生に返していってくれるんじゃないでしょうか?それが世代間で継承すべき日本の素晴らしいおもてなしの心なのではないのでしょうか?
    通りすがりにすみません。消えます。

    返信削除
  32. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  33. 匿名さん

     コメントありがとうございます。

     1代目のおっちゃん・おばちゃんの時代は、学生が本当によく利用していました。
     それで成り立っていた商いのスタイルだと思います。
     いまあれをやったら、絶対にやりすぎですよね。

     高校生の嗜好の大変化は、水口高校(前は甲賀高校)前の「谷野食堂」を見るとよくわかります。ここも白焼きそばが「秘密の県民ショー」で取り上げられて以来、一気に有名になった店です。

     私の郷里ですので昔の味を知っていますが、2代目が店を継いでからうどんは格段においしくなりました。テレビでも取り上げられたというのに、高校生たちはまったく寄りつきません。「ふくろう亭」というファストフードに近い形態の店に集まっています。

     一緒に何かを食べること自体がコミュニケーションだった時代とは異なり、まずコミュニケーションしやすい場所、それからそこでものを食べるという順序に変わってしまったのだと思えます。
     マクドやイオンのフードコートのような店舗形態での過ごし方はよく知っていても、うどん屋での過ごし方については経験不足の世代です。
     食べながら話しやすいメニューが必要でしょうし、話しやすいテーブル配置も必要だと思います。うどんではなかなかそうはいきません。
     昔ながらのメニューとテーブル配置を踏襲する谷野食堂はそのニーズを満たしきれていないのだと思います。

     学生のライフスタイルが変わってしまいましたから、美富士の場合も、商売の立脚点が自ずと変わります。

     二代目は環境変化に合わせた魅力作りを怠ったのではないかと、私は思います。
     学生ラーメンに代表されるようなボリュームをそのままやり続けても、テレビで話題になりこそすれ、テレビ人気以上の集客力はありません。
     にもかかわらず、テレビ人気に依存しすぎた結果が無理を生み、客を攻撃することでしか解決できないような袋小路に迷い込んだのだと思います。
     テレビが美富士のボリュームを取り上げた頃には、学生客はすっかり美富士から離れていました。ボリューム満点なんて話は、美富士の商売からみたら、役目を終えた過去の遺産にすぎませんでした。
     二代目はそこを見誤ったのでしょう。

     二代目が受け継ぐべきは、店の魅力を生み出そうと努力を続けた一代目のひたむきさだと思います。私たちの世代には一代目のやり方がハマりました。それゆえ、私たちの高校生活に食い込んでいました。

     それと同じように、いまの高校生の心に残る美富士があるはずです。
     美富士はそういう食堂であり続けて欲しいと思います。

    返信削除
  34. お気持ちお察しします。
    ただ冷静になるべきは、マスコミとかmediaの力は大変恐ろしいということです。
    ただの誹謗中傷と、正当で批判的な口コミとは完全に区別されるべきものと思いますが、
    これを読者が完全に区別することは難しく、結果、店の本当の姿を曲解して伝えてしまう可能性があると思います。
    よく考えてください。mediaに載せられるといろんな客が来るようになります。ひょっとしたらとんでもない心無い客もいたりして、店の方も大変傷つけられるようなこともあったかもしれません。実際、現在はもう膳所高生のための店とかそんな雰囲気じゃなくなってるんですよね?そういう意味では被害者はいったい誰なのか?・・
    二代目の店主がほめられたものではないとは確かに感じるのですが、それは実際に本人に接した人が自分の中で評価することで、他人にそれを伝える必要があるでしょうか?
    それぞれの気持ち、立場を考える人間になれば、まあ、いっか、って気持ちになりませんか?

    返信削除
  35. だから、インターネットに書きまくったるわ!なんていうのは、mediaを利用した言葉の暴力だと思います。
    私はちょっとそれが怖いことだと思いましたので投稿しました。

    返信削除
  36. お客様は神様だとは言いませが、あの威圧的な態度は腹が立ち、注文したものの何も食べずにお金だけ置いて出ましたよ!

    返信削除
  37. 近所に住んでますが、ここの店主はほぼ毎日何処に行くでもなく同じところを行ったり来たり、うろうろされています。それも肌着のままで。人や車が通りすぎていくと振り返ってまで睨みつけ、まるで変質者に見えます。
    道ですれ違うと睨まれるのでうろうろしている夕方は恐ろしいです。正直警察に相談したいくらいです…。

    返信削除
  38. 若い時分に一度お邪魔したことがあって、その店を知っている友人からは
    「多分食べきれないから、タッパーを持って行け」と忠告されて、役立ちました
    もう15年以上前のことです
    仕事や家族のことに忙殺されて、そのうち行こう、時間を作ってゆこう、車で
    片道4時間半だから、と計画を練っては他のことでおじゃんになっていましたが
    いい思い出だけに、しておこうと思います

    返信削除
  39. 昔、近所に住んでいた者です。
    近所に住んではいましたが、美富士にはほとんど行ったことがありません。
    膳所高生や卒業生には「大盛りの店」で通っていましたが、地元の一般人の間にはほとんど見向きもされない店だったと思います。
    膳所高生が大盛りを望み、親父さんがそれに応え、これを繰り返すことによって常識外れな大盛り店になりました。さらにテレビが面白おかしく取り上げることで拍車をかけました。
    あの大盛りの状態こそが異常なのであり、先代のご夫婦の人の良さに漬け込んだ膳所高生とテレビが店をめちゃくちゃにしてしまったと私は思っています。

    返信削除
  40. あくまで推測です。おそらくネットの口コミやお客のわがままなどやりたい放題やられて人間不信ですね。飲食店の大将は結構それで病んでる方多いですね。

    でもこの大将の行動はたしかに目に余ります。もっと大人として接客業としての対応は直すべきです。
    勿論、私達御客も節度のある行動をして。

    テレビの撮影時にはちゃんとやさしい笑顔ができるのだから、本当は悪い人ではないはずです。

    返信削除