2011-07-23

共栄学園吹奏楽部 府代表をめざしてバーべキュー

video


 夏休みスタート!
 共栄学園吹奏楽部は早くも夏合宿です。



 8月5日に京都府の高校吹奏楽部の大会が開催されます。昨年の共栄学園は「小編成」といわれる部門で金賞を受賞し、府の代表として関西大会に出場しました。小編成というのは、人数10~30人くらいの構成を指すそうです。京都府高等学校吹奏楽連盟の競技規定で演奏人員は1校50人までと制限されていますが、吹奏楽部全員を集めても20人~30人という高校は少なくありません。そういう高校どうしが小編成部門で競います。


 共栄学園吹奏楽部、今年も必ず府の代表になってみせるとの意気込みで夏合宿が始まりました---と思ったら、初日からバーベキュー、花火大会、かくし芸大会。ライバル校のみなさん、ご安心ください。こんなもんですから。


 今年は共栄学園の野球部がいつになく強くて、龍谷大平安高校を相手に1対0の大接戦を演じました。今夏の京都地方予選を追っていますと、龍谷大平安をヒヤヒヤさせたのは共栄学園だけだということがわかります。もし野球部があれに勝利していれば、吹奏楽部も自分たちの大会どころではない。応援でまだまだ忙しかったはずです。
 学校関係者は甲子園出場を密かに期待していたようです。春には福知山成美高校と延長12回の戦いもありました。
 「京都市内と福知山のレベル差はもうない。ないというよりも福知山成美が京都でいちばん強いのだから」と野球部関係の先生がおっしゃいます。福知山成美高校が福知山市の高校野球のレベルを全体的に引き上げているのは間違いないことだと私も思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿